2007年10月08日

ナナちゃんへ…



今日のお話は辛い部分があります。

そう言うのが弱い方は、お読みにならない方がいいかと…

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*


11時、珍しく携帯のメール音で目が覚めた。

犬友達のメール音は犬の鳴き声にしている。

だもんで、「なんだろう、こんな時間に…」と思って

携帯を開いてみた。

RISAさんからだった。


『tea tree のナナちゃんが亡くなったそうです。

やまぴーママにも声かけました。来れそうですか?』



ショックと言うより、ビックリした。

『もう、15歳ですから…』とは聞いていたけど

一度遊んでもらってから、私が行くと

「出たいです〜!」と甘え吠えされていたので

ういやつ♪と思っていた。

年の割には元気でしっかりしている印象だったので

本当にビックリした。


支度をしてジャックレを連れて、tea tree に向かった。

ナナちゃんをイメージした花束も持って行った。

相変わらずお店は忙しくしていて

なかなかママさんともマスターとも話す時間がなかったけど

末娘ちゃんがいつもより明らかに辛そうだったので

一声だけかけた。

それしかできなかった。


良く考えたら、うちにも16歳になるネコが2匹いる。

覚悟はできている。

自分の子だし、もういい年だ。

個別で焼いてもらって、お骨はうちで保管する事に決めている。

お墓に入れてしまうと引越しとかがあった時

遠方に行かなければならなくなった時

どうしようもなくなるから。

ナナのおかげでまたうちのニャンコの事も考えられた。

ありがとうね、ナナ。

虹の橋の先でみんなの事待っててね。

みんな必ず行くから…


時間も遅くなってきて、うちとRISAさんと

やまぴーさんのところだけ残っていた。

マスターやママさんも交えて、みんなでナナ談義をした。

詳しい状況はブログに書いたと言うことだったので

笑って帰る事ができた。


帰ってきて、ブログを読んだ。

とにかく泣けてしまって、どうしようもなかった。

いつもペットを飼った後、病院の初ワクチンとかで

「はっきり言っておきます。この子は確実にあなたより先に

天寿を全うします。その事だけは覚えておいてください。」

と言われ、いつも私なりの覚悟はしている。


心臓の鼓動数には回数制限がある事。

小動物の方が脈拍数が多い事。

不死はないという事。



もう一度しっかりした覚悟をしないといけないと思った。

ジャックレにしっかり天寿を全うさせ、

マスターみたいに3日泣いて、笑って話せる様になるように…

ナナは私に大事な事を教えてくれました。


ナナ、本当にありがとう。

初めはナナが怖かったけど、すぐに怖くなくなったのは

ナナのおかげです。

あの日、裏から出してって私に言ってくれてありがとう。

大型犬でも少し怖くなくなったよ。

ナナの事、ぜったに忘れないからね。

私が行く時まで、待っててね。

向こうでいっぱい楽しい話をしようね。


ありがとう、ナナ…


IMG_0261.JPG




■シウスさんへ♪

ハーネスは腰への負担があるということで
首輪で行く事にしました。
特にクレアは引っ張り癖があるし…

私はスニーカーで行っても勝てませんから_| ̄|○
シウスさん、すごいわぁ(-ω☆)キラキラ♪


■ネコ娘さんへ♪

適切なご指導、ありがとうございます<(_ _)>
以前ジャックがちょっと小さめのハーネスをつけて
散歩に行った際、帰ってきてから吐きました。
だもんで、今のうちには首輪しかなく
しっかり指一本分で頑張っています♪
ハーフチェーンは抜けそうで怖いんですが
後ずさりなんかされた時に抜けませんか?
もし良かったら教えてください<(_ _)>


■アレンのママさんへ♪

さすがに『杜の都』仙台なんで、自然は豊富(='m') ウププ
適度に都会でもあるので、仙台は暮しやすいです♪
蛇はそうそう見れませんよ、普通の生活ではwww
でも蛇って、『暖かいシルク』の手触りなんですよ!
知ってました?!w


■ヒロトミさんへ♪

ジャックレ、自然に慣れすぎて都会に帰れなくなったら…
ちょっと怖いです [壁]・m・) プププ
ジャックはどちらかと言うと長距離系
クレアはスプリンターって感じです。
どっちにしても身体能力はクレアの方が上そうですがw
仲は相変わらずいいですよ〜♪
うらやましいくらいですwww


■ゆきんこさんへ

広瀬川、だんだんきれいになってきているようです。
最低一級河川の面目躍如ですなΣd(≧▽≦)グッ!!!
うちだとボールも何もかも持ってくるのですが
クレアは私の目の前でとりあえず絞めますwww
ジャックは持ってくるんですけどねぇ…
外だとダメなのかも_| ̄|○
訓練あるのみかしら??? (T▽T)アハハ!

ニックネーム ちぃ編集長 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お別れは、とっても辛いし悲しいこと
だからいっぱい悲しむのがいいんです
泣いて泣いて、涙も出なくなったら
「いつまで泣いてるの!」ってお別れした仔からのメッセージが心に届くはず
悲しませるために出会って、一緒に暮らしたわけじゃないものね
お別れの悲しさより、もっともっと沢山の幸せをくれたんですもの、
それを忘れちゃ、申し訳ないよね
多かれ少なかれ悔いは必ずある、だから次の仔にできなかったことをしてあげようと思うものです
愛することを教えてくれた大切なパートナー
ナナちゃんのご冥福をお祈りします

ハーネスもしっかりとつけてあげないと抜けちゃいますよ
ただ、圧迫されるのが苦手な仔は息が切れやすかったり、吐いたりするので
ワンコの好みもあるんでしょうね
Posted by ネコ娘 at 2007年10月18日 14:17
ちぃさん
コメントいただいてありがとうゴザイマス。
ナナちゃんのお話読んでいて涙がでてきました。
リンクを家に迎えるとき、何度も何度も「先に居なくなってしまう」ということを考え抜いたこと、思い出させてくれました。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by きょろ at 2007年10月18日 16:22
実は知り合いの方も最近可愛がっていたM・ダックスに先立たれたんです。
子宮に膿がたまる子宮蓄膿症で、ママさんの「小さい時に避妊手術をしていればもっと長生きできたのかも・・・」という言葉が耳に残りました。
私自身も「犬の十戒」を再確認したいと思います。

ナナちゃんのご冥福をお祈りします。
Posted by アレンのママ at 2007年10月18日 19:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1170557

この記事へのトラックバック